--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.06 (Mon)

SOUL NOTE

たまにはオーディオ関連の話題も書いてみたいと思います。

SOUL NOTE (新しい窓で開きます)

小さい部屋でも綺麗に鳴らすというのが第一前提の自分のオーディオシステムなのですが、正直なところ今現在のCDPとアンプは学生時代の駆け出しの頃に買ったものですので満足しておりません。
現状、それぞれアンプとCDプレイヤーはONKYOのA-973とC-773を使っています。DENON、YAMAHA、ONKYO、marantzと、その辺の中からアンプとCDP合わせて5万~7万円くらいで・・と考えてお店で聴き比べた結果、やや生真面目な感じのONKYOの当該製品が気に入って購入した自分でした。その中から選べって言われたら今でもきっと同じものを選ぶと思うのですが、それにしてもやっぱりそろそろグレードを上げたいなという気持ちが大きくなってきました。

そこで今狙っているのが題記のSOUL NOTEの製品です。
昨年だった気がするのですが、南越谷のオーディオスクエアで色々鳴らしてもらったのですが、数あるアンプの中から聞いた瞬間にこれしかないと思えたのがSOUL NOTEでした。
見積も出してもらったんで引っ張り出してくればどの製品だか分かるとおもうのですが、というか忘れるなっていう話ですよね。しかし最近はギターとかで手一杯でしてなかなかじっくりスピーカとかも見に行く暇がなかったんですよね。

ともあれSOUL NOTEの音は一言で言うと小さい音量でも変に痩せないで綺麗に通る、この一言に尽きると思います。DACを噛ませて音を少し太く出来るんですよ、色々遊べますよって店員さんが何かそれでDACを勧めてくれた記憶があるのですが、アリにはアリの、ナシにはナシの音色がそれぞれあって確かに遊び心溢れておりました。

自分はスピーカやアンプの性能を見る時はおおまかに、「楽器の音がバラバラに分かれて、それぞれの音が混ざらないで綺麗に聞こえてくる」のか、「楽器の音がまとまって、一つの調和となって聞こえてくる」のか、こういう観点から考えるようにしています。
ほんとは専門用語とか使うと分解能だとか、音場がどうとか定位があーだとか色々あるのですが、一時期勉強したんですがやってても面倒に思うのでなるべく簡単な言葉だけで片付けようと思います。
で、踏まえた上でSOUL NOTEはどちら側だったのかというと、いやここまで引っ張っておいて何なんですが、完全に忘れてしまいました。なら言うなって話なのですが、どちらかというと前者、抜けが良くて楽器1つ1つの音が綺麗に届いてきたような印象があるような、しかしそれは本当にSOUL NOTEだったのかと痴呆が始まってきております。

ともあれ自分にとって大事なのは、小音量で綺麗、この一点に尽きると思います。本当は春先からトールボーイスピーカが欲しくて仕方なかったのですが、こんな防音も半端な部屋に置いたところで宝の持ち腐れになること違いなく、だとしたらば今のMENUETだとか、ELAC社のブックシェルフも狙っていたりするのですが、その辺でいいじゃないかと割り切りました。適材適所というやつですよね。今の部屋の中で鳴らすにはこの辺が最も適しているように感じます。

しかしやはりお値段が張りまして、CDP、アンプ、DAC全てを揃えようとするとレグザが余裕でもう1台買えてしまえるくらいの買い物になってしまいます。ちょっと今すぐにというのは無理を感じておりますので、来年の今頃には持っているといいなあとかささやかな希望を抱きながら日々ギターとレグザのローンを返済する今の自分であったのでした。


という訳で久々にオーディオの話題を書いてみましたが、上にもありますとおり、最近めっきり視聴に行かなくなってしまった感じがします。ギターばっかり。あんまりヘタクソな自分の演奏ばかりを聞いていても自分の耳が可哀想なので、今度また東京とかにゆっくり出る機会があればいいスピーカとかの鳴りを聞いてきたく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事。 ジャンル : 日記

22:56  |  ■オーディオ・ビジュアル  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://12stories.blog38.fc2.com/tb.php/291-dc8f5ee5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。